新しい雇用保険料いつから始まる?

雇用保険料の保険料率は年に1度改訂されます。
原則的には、毎年4月から新しい保険料率が適用されます
(ただし、今年度は前年度と保険料率と同じなのですが)。

給料

ここで、次のような間違いをしてしまいがちです。
「4月に支払う給料から新しい保険料を適用するのか」

上の考えでよい会社さんも、一部にはいます。
例えば、4月1日から4月30日の分を、4月25日の給料日に
支払うという会社さんです。

ただ、同月分を同月に給料支払いをする会社さんは
あまり多くありません。

4月に働いた分は翌月の5月に支払うという会社さん
が一般的ではないでしょうか。

この場合、以下のようなやり方で新しい雇用保険料率を
適用します(例・末締めの翌月10日払いの会社さん)。

◆3月分の給料(3/1~3/31が対象)
給料支給日:4月10日
保険料率:前年度の雇用保険料率が適用

◆4月分の給料(4/1~4/30が対象)
給料支給日:5月10日
保険料率:今年度の雇用保険料率が適用

今年度は前年度と雇用保険料率が同じなので
影響はないですが、雇用保険料率が変わった
年度の場合、給与計算で従業員の本人負担分
の控除額が変わってくるので注意が必要です。