雇用保険料の料率昨年度と同じです

雇用保険の保険料は「料率」で決まります。

 

 

 

 

 

つまり、国民年金保険料とは違い「定額」ではないんです。

以下をご覧ください。

一般の事業なら、 9/1,000
建設の事業なら、12/1,000

以上が、令和2年度の雇用保険料の保険料率です。
昨年度とまったく変更ありません。